貧乏な人というのはお金を貯めようとか節約しようと思ったら真っ先に食費を削ります。あれがどれだけ将来的に自分の首を絞めてるのか食費を上げるとよくわかります。安いものばかり食べてると痩せないのは当然、太りやすい体質になるわ、メンタルは不安定、肌も髪も汚い、最悪です。特にイライラ、疲労、冷え、免疫力の度合いは食事の質が低いときはかなり差があります。でもよく考えたら当然ですよね。脳も体も食事でできてるんですから。少量の食事で満足できるのは食事の栄養価が高い=質が高い=値段が高いからです。

食費を節約したり、デブ仕様にアレンジした味付けを食べ続けていると必ず味覚がおかしくなってきます。食品を安く上げるためにありとあらゆる加工がされてるのでそこに大量の人工物が投下されてるからです。しかもひどいのは味覚が麻痺していてめちゃくちゃに加工したものが美味しいと感じてしまうようになってしまうことです。こうなればもう手に負えません。本来の質の良い食事がわからないわけですから、食事改善をやってるようでやってないということになります。

だいたい停滞期を抜けられない人というのは食事がダメです。本人はダメだと思ってないところがさらにダメですね。運動が足りないからだと思ってる。味覚は無意識にデブの頃の味付けを好みます。少しずつ少しずつ恒常性によって昔の味付けに戻っていきます。300円ぐらいの弁当や菓子パンでお昼済ませて「節約できて助かるわあ」って思ってる人多いですけど、あれヤバイですよ。食品業界や飲食業界で学生の頃バイトしたことあるんですけど、鳥の餌並みの品質の野菜とか使ってますから。知ってたら食べられません。友達にもマク○○○ドでバイトしてそれからもう20年近く食べられないんですよ。食べ過ぎたからじゃないですよ、もちろん。恐ろしくて食べれないんですって。

私はマク○○○ド好きなので知らなくてよかったなあって思います(笑)知らない方が幸せなこともありますね(笑)300円で買う人を満足させるためには炭水化物を多めにして、脂肪を足せばいいんですよ。血糖値が上がって一時的に満足させられます。ですがそれでは栄養的には最悪です。タンパク質とビタミン、ミネラルがないと脂肪を燃やす栄養素も足りません。

そんなに食費を浮かすのが大事ですか?あなたが本来望んでいる痩せてキレイになって自信を持って人生を送るより大事なの?
だったら節約ブログを参考にしてればいい。あの界隈の人たちは、金の使い方が根本的に間違ってるので一生貧乏ですよ。節約を最優先にして痩せたっていうのはやつれたってだけです。骨と筋肉は間違いなくスカスカです。デブの上に貧乏になりたいなら300円弁当喜んで食べてて下さい。ダイエットに限らず仕事や家庭や子育てを上手くできない人、不満が多い人、その結果低収入の人って基本的に情弱ですよね。
物事を知らない。経済の仕組み、弁当の値段がどんな風に決まるか知らない、社会を知らない、自分の社会での価値を知らない、自分の無知や傲慢を知らない。都合の悪い情報を見ない、自分を否定できない、価値のある情報に気付けない、お金の本質を知らない。

正しいダイエットを身につけるならお金がかからないはずがありません。この世でタダで学べるようなことで本当に社会に役に立つことってあると思います?あったらそもそも資本主義経済が成り立たないと思うんですが。情報だけ盗んで、商品を売ると逃げ出す人っていますけど、本当に可哀想だなあと思います。無料の情報とか安価な情報だけで痩せられるって思ってる人って一生痩せられないんですもん。そこが理解できない人は一生望み通りの人生を送れない、だからほとんど人が道半ばで終わるんです。価値があることを学ぶには当然お金がかかりますよ。それがわからないあなたは情弱ですよ。貧乏でしょ?月に数万円程度の余裕もないなんて、そのお金をダイエットに振り分けるのが惜しいと思うなんて他にやるべきことがあるんじゃないですか?まずはあなたの収入を増やすことを考えるべきだと思いますよ。価値ある本物のダイエットを学ぶなんて、あなたには贅沢なんじゃないですか?私は何も無料奉仕の慈善事業をやってるつもりはありません。
あくまでビジネスですからね。偽名で登録するような人間とビジネスできます?それがわからないあなたは間違いなく情弱です。

そしてそのままじゃ確実に生涯貧乏でデブでしょう。貧乏でさらにデブ…惨めです。