ダイエットで挫折する目標というのは例えばこんな感じです。

あまりにも非現実的な目標
→1か月で10キロ痩せる

あまりにも抽象的な目標
→とにかく細くなりたい

否定的な目標
→甘いものをやめる

コントロールできないことを目標にする
→1年後に体重○kgになる

結果を重視しすぎる
→過程を大事にしない

 

あなたもこんなふうに目標を立ててきたのではないですか?
そして今も

今年中に○kg痩せる!

みたいな目標のもとにせっせと努力してるんじゃないですか?

 

抽象的な目標、ダイエットでいえば「痩せたい」みたいな目標の場合
どういう状態になったら目標達成されているのかがはっきりしません。

ただ痩せたいだけじゃ人によって理想とする「痩せ」の状態は
違いますよね。それだと
あなたの脳はそのゴールが見えないということになってしまいます。
当然見えないゴールにはたどり着くことは不可能です。

 

否定的な目標というのも同じ。

「間食をやめる」という目標の場合、一日食べなかったら達成なのか
1年食べなかったら達成なのかがよくわかりません。

間食をやめるなんてダイエットではハードルが高い目標ですし
みんな何となく
「ダイエットしている期間だけ間食はやめよう、目標体型になったら
また食べれるようになる」って思ってるんじゃないですかね。

そうじゃないと例えば1年も間食をしないなんてほとんどの人ができるはずがありません。
あなたが太った原因は間食って思ってるからこういう目標を立てるんですよね?

間食がやめられないのは間食が好きだからですよね?

そんなに好きなことを犠牲にしつつダイエットできるんですかね?

きっと心が持たないですよね。

 

コントロールできないことを目標にするというのは
1年後にあなたの体重が何キロになるかなんて誰にもわからないですよね。

あなたがどんなに努力しようが、○キロと断言はできません。
その体重になるかならないかは、あなたの力の及ばないところに
あります。

あなたの頑張り次第でその数字に近づくかもしれませんが
逆に遠ざかっているかもしれません。

それは誰にも決められないし、わかりようがないのです。

ジョジョの奇妙な冒険という漫画にこんな台詞があります。

わたしは“結果”だけを求めてはいない。
“結果”だけを求めていると、
人は近道をしたがるものだ…

近道した時真実を見失うかもしれない。

やる気も次第に失せていく。

大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。

向かおうとする意志さえあれば
たとえ今回は犯人が逃げたとしてもいつかはたどり着くだろう?

向かっているわけだからな…違うかい?

あなたは結果をコントロールできる立場にありません。
ですが過程はあなた次第でどーとでもなるのです。

あなたのコントロール下にある、手中にあるということです。

過程に集中する、フォーカスすることであなたは自分の意志で
目標を達成することができます。

そこに他人や環境が邪魔に入ることはあっても決して依存はしない
という事なんです。

ダイエットで過程に集中すると言えばどういうことでしょうか。

私ならこう考えます。

毎日の目標とするものは

・6時間以上の良質な睡眠を確保する。
・水を1.5L飲む
・夕飯ではお米を食べない
・食事はどろどろになるまでよく噛んで食べる
・体重計には乗らない
・うたた寝をしない

などでしょう。

この6つの目標が毎日できたかできなかったか
チェックする。これだけです。

もちろんできない日が出てきます。
最初はできない日ばかりかもしれません。

毎晩質の良い睡眠を確保するのは難しいかもしれない。
外出ばかりで水を飲む余裕がないかもしれない。
夕飯が職場の飲み会で食事を選べなかったかもしれない。
昼食の時間が短くて、かけこむように食べたかもしれない。
ついついうたた寝をしてしまうかもしれない。

こうやって他人や環境によって邪魔されることはあります。
多々あります。ですがそれ以外はあなた次第でどうとでも
なる。これが正しい目標設定です。

先にあげた目標を1週間やってみてあなたの生活スタイルに
合わないようなら、頭を使って達成できるような目標を変える。

これらの目標は小さく、簡単で達成可能なものにしなければ
なりません。
だからといってこれらの目標を過少評価してはいけません。
これらは完全にあなたのコントロール下にある目標だからです。

毎日、毎日この目標を達成していけばあなたには

小さな目標達成
小さな成功

これらが積み重なります。
そしてその積み重なった小さな成功はあなたのセルフイメージに
とても良い影響を与えます。

あなたの成功パターン、成功のクセができるんです。

小さな成功の感覚を何度も何度も味わって

あなたは成功するにふさわしい人間だという
セルフイメージが自然と身につくようになります。
自然に食事や生活に対する考え方が変わり、振る舞いが変わります。

逆に体重○キロという結果を目標にするとどうなるか?

達成するまでに時間がかかります。
その数字が出るまで小さい成功体験を味わうことはできません。
毎日毎日体重計にのっては一喜一憂を繰り返すだけです。

そしてその数字が達成できるかどうかはあなたのコントロールの
外にあります。
だから途中で投げ出してしまったり、あきらめてしまったり
することになるんです。

毎日達成すべき目標。
これがあるだけであなたの毎日、あなたの人生は充実したものに
なるでしょうし、小さな成功体験を何度もすることであなたの
セルフイメージは確実に改善されていきます。

現実問題、結果を出そうと思えば必ず

過程が必要

ということはわかるはず。
その過程に集中し
明確にすればするほど結果に結びつく可能性が高くなるということです。