2016/ 2/ 3 14:39

2016/ 2/ 3 14:40

 

『きのう何食べた?』1巻より

ナルシシズムとは・・・
ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスが水面に映る自らの姿に恋をしたというエピソードに由来している。

800px-Narcissus-Caravaggio_(1594-96)_edited

人は誰でもナルシスト的な一面を持っています。
ナルシストであることは何も悪いことではないのです。特にダイエットにおいては。

芸能界なんてナルシストの集合体です。特に外見を売りにしてる人たちは
自分だけでなく多くの人を魅了する外見でないと商品になりません。
自分の顔や体に自分で見惚れるぐらいじゃないと、他人を魅了することなんてできません。

自分の体を愛でることができる。だから「愛でるレベル」で維持することができるんです。

あなたの体が
もし見るだけで嫌な気分になり、自己嫌悪に落ち込んで、憎んでしまうようなら
ナルシストにとってその体でいることは耐え難い苦痛のはず。

苦痛を取り除くためにありとあらゆることをやるはずです。
痩せるためならどんな犠牲もいとわない、そんな精神が育つはずです。

ナルシストであるというのは一種の思想、宗教、哲学みたいなもんなので
ちょっとやそっとじゃその考えが曲がることはありません。
さらにその考えは無意識にまで影響する非常に強力なものです。
だから何をおいても優先される。邪魔をするものは潜在意識レベルで拒否されるんです。

 

美しい体、愛される体を邪魔するもの。

それは食欲であり、無駄な栄養であり、怠惰な生活です。

 

ナルシストを目指せば、ほぼ自動的にこれらの悪習慣が生活からいなくなります。

痩せるのを目指していれば、食欲を抑え、余計に食べるのをやめ、規則正しい生活を
実践するのは、禁欲的でめちゃくちゃ大変でしんどいことのように思えます。

ですがナルシストなら。ナルシストであるために必要なら
これらのことも平気でできるようになるというわけです。