news_xlarge_0210_ame_001.jpg

これならまだわかる。でもこれは無理。

Ca8SAp1UMAAIGtt

いやあ、想定内でしたけどやっぱり怠けもの、ダラしないというのは
デブが必ず持っている特性ですね。

怠ける、ついついダラしなくなってしまうのは突き詰めると体力がないから
に行き着くのですが、体力の問題もあるにしてもやっぱり体力があろうがなかろうが
「動きたくない」という欲求が本人の性質から出ている限り、その怠け癖、ダラしない性格
をなんとかしないとデブも解決しないんではないかと。

ただ渡辺直美さんは98kgあるらしいですけど、ダイエットする気はゼロで
この体型で笑いがとれ仕事になっているから痩せるつもりはないようですので
それはそれでいいと思います。

痩せたいけど怠け癖、ダラしなさから抜けられない。
私も何を隠そう、超がつくほどの出不精で一人暮らしをしていたころは1週間でも
2週間でも食料さえあれば引きこもっていました。今でもできることならやりたい。
できれば動きたくないけど太りたくない。そういう人、ダイエッターには多いのでは
ないでしょうか。

痩せた今でもダラしなさというものが大して治っていない自分を考えると
やはり怠け者がきびきびした人間に変われるということは夢のような話でしょう。

一緒に暮らす夫は私と真逆でフットワークが軽く、毎日外出しないと気が済まない性格です。
そんな人と暮らすのが日常生活を送るうえではバランスが取れているのではと
10年経って今更ながら感謝しています。

怠け者、ダラしない性格これは一生変わらないと腹をくくりましょう。
スリムな人みたいにこれからは私もダラダラせずに過ごそうなんて無理な話です。

それよりも昨日よりも少しはきびきびと。
前よりはちょっとだけてきぱきと。それぐらいで十分じゃないかと。

だって無理して「いつもしないこと」をやって、体力以上に動いても
腰を痛めるとか寝込んじゃうとか挫折するのがオチですから。

ちょっとだけちゃんとすることもデブにとっては大きなことです。
いつもダラダラしてる人間にとって日常をレベル上げするのは難しい。
だからほんの少しだけで。
ほんの少しちゃんとした生活をするだけでダイエットしてる満足感は計り知れないのです。