ダイエッターに情報発信は必須。
私はこう考えています。

よく見かけるダイエットブログ。
某サイトが運営する日記タイプのヤツとかですね。

 

体重が増えた減った、これ食べたまた飲んだ、運動サボった

ダイエット再開!ってな感じでわーきゃーくだらないことの連発です。

 

私が言うダイエットブログはこんなんじゃありません。

ダイエットに効果があると考えるブログの条件としては

1、あなたがどう思ったか?意見や気持ちが本音で書いてある

2、あとから読んで気づきや学びがある

 

この2つです。
ただ食べたものとか感じたことをつらつら書くだけじゃ何の意味もない。

そこにあなたの感情の動きや変化がなければ
何の意味もない、ただの記録の羅列です。
自分で読み返しても面白くないし、成長もない。

 

ダイエットしながらブログを書くっていうことをお勧めする3つの理由は

 

1、書くことがストレス解消になる
2、書くことが自分と読む人の癒しになる
3、誰かの為になる

 

まずはダイエットしながらブログを書くということは
かなりのストレス発散になるんですよね。

私も実際このブログを運営していて日々感じていることなんです。

自分の中にある喜びや怒りモヤモヤをどうにかこうにかして言語化していく。
その行為の後は必ず気持ちがスッキリします。
あらゆる負の感情が内から外へ出て行くからでしょう。
何日も書けない日が続くとモヤモヤが溜まって夜も眠れなくなるなんてことまで起きるんです。

だからもしあなたが

痩せなくてイライラするとか
綺麗な人を見ると妬んでしまうとか
食べてしまう自分を嫌悪してしまう

こういう気持ちを持ってダイエットをしてるなら是非ブログでその思いをぶちまけて
スッキリサッパリすることをお勧めしたい。

そして書くことで癒しになるというのはストレスが解消されることで心の乱れが収まります。
書くことは自分を見つめ直すことです。
心理学的にも日記を書くことに癒しの効果があることが証明されています。
日記療法というのがあるぐらいですから。

読む人の癒しになるというのも例えばあなたに好きな作家がいるとしたら
分かるのではないでしょうか。

人は素晴らしい作品や芸術、音楽に触れることで癒されています。
満たされた気持ちになりますよね。

誰かのブログを読んで勇気づけられたり、笑ったり
時には憤慨した経験があなたにもあるはず。

あなたが今度は受け取る側ではなく発信する側になればいいんです。

そうすることで自分を文章を通じて客観視する機会が増えますし
ダイエットに関する知識も膨大になります。

あなたの経験と知識をブログに紹介するだけで
あなたの後に続くダイエッター達の役に立てるんです。

たかが書くだけですが、発信できる人と出来ない人というのは天と地ほどの差
いや天国と地獄ほどの差がありますね(笑)

書ければ天国ですよ、ほんとに。

ストレス解消できて、癒しになって人の為になり、ダイエットは成功する。

こんなに簡単にできること何でみんなやらないんですかね?