そこの根性なしのあなた!

そう、あなたですよ。

 

例えばあなたが

毎日ウォーキングを最低30分はやって
今年中に5キロ痩せたい。

と目標を立てたとしましょう。

1年で5kgですからなんか無理なくできそうですよね。
でも1年後、どうなるか想像してみてください。

おそらく大多数の人が目標達成できません。
決して無謀な目標ではないのに。

 
なぜでしょうか?

 
その理由は

目標が高すぎる

からです。
目標が高いことは問題ありません。
高「すぎる」のが問題なのです。

今まであなたは毎日30分も歩くなんてことをやってなかったのに
それをやろうとしてること自体に無理があるからです。

 

「いやいや、やる気と根性があれば…」

 

と思うかもしれません。
そもそもあなたに根性が備わっていたら…
まず今のようには太ってません。
太ってダイエットしなきゃならないレベルまで落ちませんから(笑)

 

ここで言いたいのは
根性なしのあなたが悪い
のではなく目標の立て方が悪い
ということ。

 

 

じゃあどんな目標ならいいの?

 

 

答えは簡単です。
目標が高すぎたんですから低くすればいいだけです。

といっても、目標自体を低くすると
モチベーションも下がってしまうので

目標を「細分化する」んです。

つまり毎日30分歩くというのは目標が高すぎる

そうじゃなくて

電車では座らない
ひと駅歩く
いつも車で行くところに歩いていく
エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う

 

 

とにかく
それぐらいならできそう
ってぐらいまで1つ1つの目標を小さくするわけです。

生活の具体的な場面まで考えて細かくする。
それがよい目標の立て方です。

とにかく毎日毎日小さな目標をこなしていく。

そうやって、小さな目標できそうな目標を
コツコツやってると
だんだんと習慣になってきます。
習慣になるということは意識しなくてもできるということです。

それをやるのにストレスも感じません。
そうなったらまた小さな目標を増やすんです。

 

その時に立てる小さな目標は
最初に立てた小さな目標よりも
おそらく大きくなっているはずです。

毎日筋トレするとかハードルの高いと思っていた目標を
ここで初めて取り入れるんです。

半年前にはできそうになかったことでも、小さな目標を達成できて
さらに自信ができたあなたならおそらくまた乗り越えられる。

そうすることで自己肯定感を高めて焦りを解消し
モチベーションを下げることがなく痩せることができます。

あなたが目標を達成できないとしたら、それはあなたのせいじゃありません。

目標の立て方のせいなのです。

 

さあ目標を今すぐ立て直して

同じく根性なしの私と(笑)一緒に頑張りましょう。