息子がまだ小さかったとき。

0歳で職場復帰した私は
とにかく毎日が目まぐるしくて今よりもっともっと1日があっという間でした。

月に2〜3回は病院に行ってるし
当時まだ駆け出し(?)の病児保育のフローレンスにもお世話になって
なんとか働いていました。

夜泣きもまだ毎日ある時期でとにかく寝れなかった。常に睡眠不足でした。

母乳はとうに終えていました。

今までと体型が違ってきたな

ってうすうす気づいてはいたんです。

母乳の時期というのはいくら食べてもスルスルと体型が戻っていく夢のような時期。
その感覚で食べてると間違いなく食べ過ぎです。

食べ過ぎていました。

毎日がとにかくバタバタと過ぎていくので
ゆっくり座って食事なんてまずしてませんでした。

食べれるときに食べておく

育児中のママにはありがちです。
仕事中にお腹が鳴ると恥ずかしいのでしょっちゅう間食もしていました。
空腹が怖かったんですね。

夕食後にはしょっちゅう「うたた寝」をしていました。

夜は通しで寝れることはありません。

こんな生活です。

痩せるわけありません。

 

睡眠と食事量と忙しさのストレス
これが原因です。

なのに私はこう思ってた。

 

しょうがない。
運動する時間もないし。
だから痩せられない。

 

とにかく運動してないから痩せられないんだ

運動する時間が取れればすぐ痩せる

そんな思いを支えにごまかしていました。

確かに今より運動不足でした。
家も会社も駅近で、保育園も近所。
10分以上歩くことは皆無でした。

ですが運動する時間があれば痩せれる

って思ってるうちは絶対に痩せられません。

痩せられないのは、時間がないから、運動してないからではないからです。

睡眠不足と食事量とストレス。

これらと運動の優先順位が低いせいです。

当時の私に神様が

毎日30分だけ運動する時間をあげるよ!

って言ったとします。

私はそれを貰ったとしても絶対運動してないでしょう。
したとしても3日坊主。
おそらくその30分寝てると思います。
だって毎日とにかく眠くてしょうがなかったから。
運動する気力が当時の私にあるわけがありません。

世の中には

食べるより運動したい

みたいな運動が生活の最優先みたいな変人がいます。
デブには到底理解できない世界です。

生まれてこのかた20~30年以上経ちながら
定期的に運動する習慣がない人というのは間違いなく

人生のなかで「運動」の優先順位が低い人

です。
だから運動する時間があったら痩せられるなんてただの言い訳です。

私もずっと言い訳してたってことです。
食事量や質の悪い睡眠、ひどい間食なんかから目を背けて
育児中で運動ができないせいで太ってることにしたかっただけなのです。

今まで何の運動も習慣にしてこなかった人が
仕事や遊び、家事、育児など優先することがたくさんある時期に
たかがダイエットで運動を習慣にできるはずがありません。

 

そう思いませんか?

 

ほかにやるべきこといっぱいあるんですよ?

 

今まであなたがことごとく後回しにしてきた運動を
今さら何かを犠牲にしてする時間があるんですか?

ダイエットで成功する人っていうのは

運動する時間があったら痩せられるのに

なんてぼやく前にすでに運動はじめてます。
あれこれ文句を言う前にすぐ実行に移しちゃってるのが成功者というものです。