彼女の歌を初めて聴いたときの衝撃を今でも覚えている人は多いでしょう。
6年ぶりの新曲。同じくらい心が震えました。何だろう。この人は。
なんでこんなに揺さぶられるのか我ながら不思議です。

宇多田ヒカルのファンなの?と聞かれれば「ファンというわけではない」
ときっと答えてしまうでしょう。
ドリカムとかオザケンとかもっと「好き!」だと思えるアーティストがいますから。

例えばドリカムはライブに行ったり熱心に曲を買い集めていた時期があったけど
今は全く買おうとは思わない。いい曲だとは思うけれどお金を出そうとはもう思わない。

だけど宇多田ヒカルはデビュー曲もそれ以降の曲もそして久しぶりの曲も
すべて買ってしまった。買わされてしまった。
買おうと思ってなくてもつい買ってしまう。

リラックスにいいという1/fゆらぎ エフブンノイチユラギのせいなのか。
確かに耳に心地いい声ではあるけれど、そんな簡単な話ではすませられない何かが
彼女にはある気がする。
もう私の中の「音楽」に住み着いてしまった彼女。恐るべし宇多田ヒカル。