専業主婦という絶滅危惧種。
彼女たちの多くはダイエッターかつリバウンド常習者である。

それはなぜだろうか?

家にいる時間が多いために活動量が少ないからか?
いつでも好きな時に好きな物を食べれるからか?

いや、そんな問題じゃない。

彼女たちがいっこうに痩せない理由。

それは

自分で自分の人生を背負ってないからである。

 

 

自分で自分の食い扶持を稼げない

 

 

これは何を意味するかあなたにはわかるだろうか?

 

 

 

 

人生を100%他者に依存しているのである。

 

 

これは資本主義社会に生きるものとして「終わって」いる。

 

 

夫が高給取りだから大丈夫

おそらく彼女たちはこう反論してくることだろう。

夫が高給取り?
ああ。会社の奴隷ですか。


夫は高給取り。つまり本人ではない。
夫は他人であって本人とは書類上の繋がりでしかない。

夫の職業や収入、財産、家柄・・・

そんなものは自分自身には1ミリも影響しない。

つまり夫がどんな人物だろうと
自分の価値とは何ら関係がない

こんな当たり前のことが分かっていないのである。

 

 

人生を他者に依存しているということは自分の人生をコントロールできないということでもある。

頭を使ってない、いい年して自立してない幼稚な人間

とみられても仕方がないのである。

ダイエットというのはつまるところ人生を変える事である。

今までの食事を変え、生活習慣を変え、体型を変えるということは
自分の生き方を劇的に変える事につながっている。

であるから、そもそも専業主婦なんていう立場で生きている限り
自分の人生の意義や責任なんてものには無縁であり
そもそも考える力が弱い為に理解力がついていかない状況に陥っている人が多い。

そういう人間が果たして体型を変えられるだろうか?

否。

無理である。

環境は人間に思いのほか影響を与えている。

ぬくぬくとした生ぬるい世界でしか生きれない人間の場合

人生に対して甘えしか持っていないことだろう。

人生に対する甘え。

それが体の緩みとなって現れるのだ。