私って昔から挫折の塊みたいな人間だったんですよ。
嫌なことからはすぐ見切りをつけて逃げてきた。やっては逃げ、やっては逃げの連続。

だから逃げたい気持ちがよくわかるし、人が逃げるタイミングというのも
経験的にわかる。逃げる理由も言い訳も確かに納得いくものをあって何も悪いことじゃないって思う。

向いてない人対して


「早く逃げなよ!!」


って大声で言える。何の躊躇もなく。それは私が逃げ続けて今ここにいるからなんですよね。


大体わたしは今アラフォーに突入したぐらいの歳なんですけど
私の親世代ってベビーブーム世代っていうのかな。もうその時代の人たちって子供に対して


どんなにつらいことがあっても逃げるな!


って教え込まれてきた世代で、それを子供に厳しく教え込んできてるんですよね。


いじめられても逃げずに戦え。

学校は一日も休むな。

一度習った習い事は高校までやめるな。


こういうことが常識として躾として当然として教育されてきた。

こどもにとっちゃ大迷惑ですけどね。
今になって思えばですけど、才能ないなら早いこと見切りつけて
ほかの何かにチャレンジしたほうが人生よっぽどためになると思います。

いじめだってそうじゃないですか。
今は逃げろってさかんに薦めるじゃないですか。ほかに居場所があるからね。
でも昔はちょっと違いましたよね。

一度何かに挫折した人間はほかでも同じことをやらかす

ってレッテル貼られてた時代。
学校やめるなんて普通じゃないみたいなね。
学校にいけないやつは社会に出てもろくなことにならないみたいな。
まあ実際にそうだった時代かもしれないけど、今とはそれもちょっと違いますよね。

30代は親の価値観で生きてきたにも関わらず、今の時代が親の価値観が通用しなくなってきて
精神的に静かに混乱してる世代だと思います。


一生懸命勉強していい学校入ればいい暮らしができると思ってたのに。

こつこつと努力すれば夢はかなうと言われてきたのに。

結婚したら寿退社していずれは子育てに専念して定年後はゆっくりできると思ってたのに。


全部崩壊してますよね。せっかく逃げずに今まで必死に苦労してきたのに。

なんなんだその裏切り。

親が言ってたことと全然違うじゃないか。

私はどこで間違ったんだ。

これ、30代になって気づくの遅いんですよね。まあ死ぬまで気づかない人も
多くいますけどね。


だから私はいつでも逃げていいと思うんです。
逃げるって結構力要ると思うんですよ。考える力。
これダメになったから次はどうしようって。

今まで親や周囲の言うとおりに大して考えずに行動してきた人にとっては
つらい選択である分、その人にとってはすっごくいいことなんですよね。

考える力がついてるわけだから。やっと自分の足で立てるわけだから。

私がいつでも逃げていい、逃げるのは全然悪いことじゃないって思うようになったのは
逃げてどうにかなってきたどころか、逃げたほうがいいこといっぱいあったから

っていうのもあるんですが、一番の影響は父親です。
私の父は

学校なんて時々休んでもいい

そのぶん、家で勉強なり好きなことなりしたらいい

才能がないとわかれば見切りつけてすぐ次へ移れ

ということを平気で言う父親でした。

私の高校時代。
進学校で朝も早くて夜も遅い。
一日中勉強漬けに嫌気がさして
月に1度は仮病で休んでました。
母親はもちろん苦い顔してましたけど
父親の権限で自由に休んでたんですよね(笑)

もちろん遊びに行くわけではなくて、家でゴロゴロして本読んでました。

まあうちの父も高校時代は学校さぼって本読んでた人だったらしいです。。

一度休むと不思議なもので次の日は学校行かないとなって気持ちになるんですよね。
父親としてその娘の気持ちは知っていたと思います。だから信用して休ませてくれた。




人生たまには休憩も必要


とよく言ってましたね。息抜きって大事ですよね。
そうやって甘やかされて育ったからか、「向いてない!」って感じると
ずるずる続けずにスパッと切り替えができる人間になったわけです。


大学やめたい→これはさすがに両親ともに大反対で断念

サークルつまんない→時間の無駄。やめた。

バイトつまんない→すぐ変えた。

うざい友達→着信拒否

うざい彼氏→丁寧に関係解消(でないとストーカーされそう)

通信教育→向いてない。終了。

習い事→途中で飽きて興味が他にうつった。

就活→気持ち悪っ。即終了。

仕事→人間関係悪いところは即退社。
※一人でやったほうが精神衛生上いいと気づき起業。今に至る。


こんな感じでやらかしてきてるわけです。

実際はこれの3倍ぐらい挫折体験があります。

思い出したくない逃げももちろんあるわけで、そんなのは心に蓋をしてます(笑)

周りの友達にきいてもまずこんなにふらふらしてきた人ってなかなかいません。

だからいろんな人に会ってるし、いろんな経験をしてるほうだと思います。

生まれたときから地元に住んで、地元で就職して、なるべく貯金して、ちょっと
習い事して、地元で結婚して、地元で子育てして、実家の近くに家建てて

みたいな人よりはるかに面白い人間だと自分でも思います(笑)

だからこんな情報発信できる部分あると思います。

だってふつーの人のふつーのブログってつまんないでしょ。
節約ブログとかミニマリストブログとかありきたりの日常送ってる人のブログ
たまに見かけますけど、だいたいみんな同じじゃん。つまんないし。
そんな庶民の日常知ってうれしいのは「自分と同じレベルだ」って安心したいからでしょ。

でもそんな安心まやかしですからね。だってブロガーは収益目的で書いてるわけで。
稼ぎたいから私生活を必死でさらしてるんですよ。節約とか今の収入でも幸せアピールしてるのに矛盾してますよね(笑)

なんか話がそれましたけど、要は

逃げられないやつは真面目なんじゃなくて逃げ時がわかんない奴の方が多いってことですよ。

逃げないほうが楽ですから人生。レールに乗ってる方がはるかに楽でしょ?


だから逃げるなんて悪くないし、むしろ逃げるのを日常にした方がいい。

逃げるってことは人生を自ら「選択」してるってことですから。


人生は選択の連続だっていうでしょう。


私は今までやってきたほぼすべてのダイエットは途中で諦めて来ました。

嫌だキツイ合わないと思えばすぐ次を繰り返してきて今の私があります。

今のダイエット嫌ならやめていいんですよ
逃げちゃえばいい。
あなたにこの先を考える力があるなら。
逃げちゃえ。