本当に本当に悩んでいたころはそれぐらい思ってた。
それぐらい自分の人生の満足度は体型に左右されていた。もちろん今も。

デブのせいで食べるのも楽しくない。デブのせいで人に会うのも楽しくない。
出かけるのも楽しくない。何をやっても楽しくない。

人って案外これぐらい思いつめないと変わることなんてできないかもしれませんね。
もうデブのせいで存在すら嫌になってすべてが嫌になる感じ。

あなたは味わったことがありますか?ないでしょう。
周りにいる同世代のデブをみて安堵している毎日でしょう。

だから変われないんですよ。何かが死ぬほど嫌だとか今が死ぬほど嫌だとか
そういう感情ってすごく大事。
今時じゃないですけどね。何も松岡修造みたいに熱さを前面に出せって
言ってるわけじゃない。もっと強い感情がないとダイエットなんて無理だよってこと。