ちょっと前にですね、私が尊敬している年下の男性に


子育てがんばってください!


って言われて思わず涙が出ちゃいました。

子どもが小学生にもなると
がんばってなんて言われることないし

子育てなんて産んだらやるのは当たり前で褒められることでもないし

がんばってっていう言葉は時と場合によっては失礼になるかもしれないし
(言われなくてもがんばってるわ!って思う人もいるし)

うちはひとりっ子だから兄弟がいるうちのママよりは楽だろうし
でも子育てのしんどさは数ではないけど(笑)

街を歩けば子連れを嫌がる雰囲気によく遭遇するし
まして若い男の子は露骨に迷惑そうな顔するし

日本で子育てするのって時々ほんとに疲れるなって感じてたところに


真っ直ぐに


がんばって育ててください!


って言われて思わず涙が出た〜

ああー
私がんばってるって思われたかったのかー
誰かに励ましてもらいたかったのかー

誰かに褒めてもらいたかったのかー

というのに気づかされました(照)

私も彼みたいに誰かに臆せず言葉をかけられる人間になりたいなと。


普通はなんとなく遠慮しますからね。


喜んで涙してくれるぐらい相手が欲しい言葉をかけられる人になりたいと強く思った1日でした。

おしまい。恥っ。