ここでも言ってるけど私はウォーキングが嫌いです。
だけど、今日は夫とウォーキングしてきました。数年ぶりに。

背に腹は代えられないというか、命に代えられないですね。

まずウォーキングというのはリズム運動です。
リズム運動はセロトニン分泌に非常に効果のある運動として知られています。
セロトニンの分泌が原因で発症するといわれているのがうつ病ですね。これ有名。

軽いうつの改善、うつをもらわないメンタルを維持するためにも
かなり無理やり重すぎる腰をあげて歩いてきた次第です。

結果、すごい楽しかった(笑)
一人で歩くのはすごくつまんないですけど、夫と歩くと会話は弾むし
子どもがいない場で話したいことって山ほどあるしで、充実した時間でした。
そういえば夫婦で歩いてるのって結構見かけますもんね。

肩まわりの血行もかなりよくなるし、少し汗もかくので
健康にいいじゃないか!!と分かっていはいたけど実感しました。

うつの人はほぼ肩こりらしいですね。脳の血流も関係することから
考えると肩回りが凝っているのも不思議じゃないかもしれません。

どんなに嫌な運動でも、命がかかっていればやる気になるんだよねえ。
歩くだけでうつがよくなるなら歩かないわけないじゃないですかっていう。

ダイエットもちゃんと寝るだけで食欲が安定するんだから
寝ないわけないじゃんっていう。
でもみんな夜更かしし続けるんだよね。ダメだ。センスないわー。