トクホ、初の許可取り消し ペプチド茶など6商品

消費者庁は23日、日本サプリメント(大阪市)が販売する特定保健用食品(トクホ)
「ペプチド茶」など6商品について、関与成分が表示通りに含まれていないなどとして
トクホの許可を取り消した。取り消しは1991年にトクホ制度が始まって以来初めて。

許可取り消しとなったのは「ペプチド茶」「ペプチドストレート」「ペプチドスープEX」
「ペプチドエースつぶタイプ」「食前茶」「豆鼓エキスつぶタイプ」の6商品。
2001~05年にかけて許可された。

消費者庁によると、ペプチド茶など4商品について
カツオ節由来の成分が必要量の100分の1程度しか含まれていなかった。
同社の調査で14年3月に判明していたが、同社は今月に入って同庁に報告。
同庁は悪質性が高いと判断し、許可取り消しに踏み切った。
別の2商品では表示成分が含まれていなかった
同社は今月17日、これらの商品の販売を終了した。

 



氷山の一角ですね。トクホは意味なし。っていうかただのメーカーと政府の癒着。
そもそもアメリカの圧力ではじまった制度。。。
ほかにも「糖の吸収を穏やかにする」とかいう甘いフレーズに惹かれて

飲んでおけば罪悪感が薄れる
飲まないより飲んだ方がまし

と思って安心するのかもしれないですけど、これってダイエットには全くの逆効果です。
だいたいトクホに指定されるのって難消化デキストリンが含まれてるやつが多いんですが
要は消化しづらいでんぷんなんです。原料はトウモロコシ。知ってた?

だから安全だ!って言ってますけどふつーに遺伝子組み換えしてるやつだから(笑)
どこが安全なんだか。発がん性なんてとっくの昔っから指摘されてますよね。

で、デキストリンは無味なのでここに人工甘味料のアスパルテームとかがセットになって入ってる。
もう味覚が狂うし、難消化だけに摂りすぎると下痢になる副作用あるしで最悪食品ですよ。

ダイエットでは質のよい食事が大事って誰でも知ってるのに
わざわざ怪しいトクホの飲料買って飲んで安心を得てるっていうのはつまり

ちゃんとした食事をする自信がないから

なんですよね。

結局自分が痩せるって信じてないのよ。
自分でどっか自分のこと疑ってるってやつ。じゃあどうやって痩せるんだよ。

ほんとメンタル弱いよねえええええ。

いつまで親の下で暮らしてるのって言われるのと同じぐらい精神的に未熟だよね。
でも親子で飲んでダイエットしてる母と娘とかいっぱいいるからまあ似たもの同士かもね。

日本人の親子が結婚してもべったりってほんと気持ち悪いと思うんですよ。
親も自立してない上に子離れしてなくて、子どもも精神的にも経済的にも依存してる。
田舎にそういう人たちいっぱいいますよ。で、一ミリもおかしいと思ってない。
ああいう大人には絶対なりたくないと思いますよ。いい大人が恥ずかしいわー。