それはあなたの母親です。
おそらく多くの人が母親によって食生活の基礎を教えられ
今まで生きてきたと思います。
そして大人になっても母親が良いと思う食生活を無意識に信じて
実践しているところがあると思います。それは独身ならもちろん、
結婚していたとしてもどこかで「母親のやり方」を踏襲しているはずです。
知らないうちに母親に洗脳されている人というのは大勢います。

朝ごはんは必ず食べなさい
果物はたくさん食べてもいい
白米と味噌汁は毎日食べなさい
手作りの野菜ジュースは体にいい
風邪の時はしっかり栄養を摂りなさい

よく調べれば今となっては非常識なことを正しいこととして
洗脳させられていることに気づきます。

朝ごはんは食べない方がいいと唱える説が出てきました。
果糖の悪影響が科学的に論じられるようになりました。
日本人の炭水化物や塩分の摂りすぎが指摘されるようになりました。
野菜の栄養分を殺してジュース状に流し込むのは逆効果だという人もいます。
風邪の時は何も食べずに寝たほうがいいという人もいます。

栄養学は確実に進歩しています。
多くの学問は時代が流れるにつれて変わっていき常識が非常識になることも
増えています。

若いときはしっかり貯金しなさい
公務員か大手企業の人と結婚しなさい、就職しなさい
手に職をつけなさい
身の丈にあった暮らしをしなさい
夢を見るのはやめて堅実に生きなさい

どれもこれも時代遅れです。でもどこかで親の言うことは正しいと
私たちは洗脳されているんです。

今の時代に貯蓄なんてしたって無意味です。
貯金する先は銀行ではなくあなたの脳内です。

一生をかけて国のために働くならそれもいいでしょうが確実に自由な人生を
あきらめないといけません。大手企業が安泰という時代もとっくに終わりました。

手に職をつけたって需要がない限り職にはつけません。
資格職の人間は年々増え続けています。看護師がいまだに稼げるのは
ただ需要が供給より多いからです。資格自体にそれほど希少性とか価値はありません。

身の丈にあった暮らし、夢を見ずに堅実に生きる暮らしのどこがいいんでしょうか。
私にはさっぱりわかりません。人生ってそんなにつまらないものなんですかね。
結局みんなどっかであきらめてるからです。
どうせみんないつかは死ぬんです。人生には必ず終わりがくるのに手を抜いて
何のために力を温存するんでしょうかね。この世の90%の人間が

私の人生はまあそんなもの

だと心の中で思ってるからそういう人生で終わるんです。
そこそこのデブで終わるだろうって思ってるからいつまでも劇的に痩せられないんです。

私はいまよりもっとすごい人生が待っていると思っています。
私は私の手で思い通りの人生を作っていってやるって思っています。
それは何も自信があるからではなく、ただそう強く思わないと常に強く信じていないと
周りの力に負けそうになるからです。
ドリームキラーである人たちの心ない言葉、世間の風潮、友人たちの奇異の目
自分以外の人間の常識。そういうものに押しつぶされそうになるからです。

私は必ずできる、私は痩せてみせる、私にできないはずがないと私以外
誰が思えるんでしょうか?
私が信じることができなくて、誰がそんな馬鹿げたこと信じてくれるんでしょうか?

あんたにできるわけない

と私が今までの人生でどれだけ言われてきたか。父親に母親に兄にどれだけ馬鹿にされてきたか。
友だちに会社の上司に先輩や後輩にどれだけ変に思われてきたか。
誰にどう思われるか気にならなくなったらそれがやっと洗脳から解かれる時です。
その支えは信念です。

あなたが「私は絶対痩せられる」と信じられる気持ち

それが信念です。その気持ちが強ければ強いほど挫折することなく
成功まで突っ走ることができるんです。
あきらめそうになったときは思い出してください。

私の考えは本当に事実なのか?
誰かに洗脳された結果ではないのか?

あなたが例えばダイエットを「できない」と思うなら
その気持ちは誰かに洗脳されたものである可能性は高いです。
誰かから

あなたにはそんなことできないよ

って言われたことないですか?
私はありますよ。何度もあります。

あなたの性格じゃ〇〇になるのは無理だよ
そんな顔じゃ〇〇にはなれないよ
そこはレベルが高いから受からないよ
そんな人はあなたと結婚してくれないよ
あなたは頭が悪いからお金持ちにはなれないよ
いい大学を出てないからこの会社には入れないよ
あなたの食欲はすごいから痩せられないよ


ドリームキラーの言葉は洗脳ですから。
その言葉に囚われてる限り成功は難しいですよ。