あなたはたくさんのダイエット法というものを今まで試してきたでしょう。
そのなかにはあなたの性格や体型に合ったダイエット法というものもあったかもしれません。

 

でもこの記事を読んでいるということは、また太ってしまったということですよね?

ダイエット失敗ですよね?

なぜこの世に無数にあるダイエットにこんなに多くの人が失敗するのか?

 

 

それは一言で言えば

 

具体的すぎるからです。

 

痩せるには○○がいい

こういう運動を一日3回、1回で○セット続けましょう

便秘には○○を食べましょう

 

具体的ですよね?

これを聞いて多くの人は

そうなのか!これは自分でもできそうだ。早速今日からやってみよう

とやる気満々で取り組みます。ですが1ヶ月もすると

 

飽きてきた。

毎週○○を買うと食費がバカにならない。

残業が増えて運動の時間が無い。

 

そんな理由でいつまにか辞めていくわけです。

そしてまたそのときの生活にあった方法をみつけては

 

お!これなら今の私にもできそうだ。この前の食材より安いし。

仕事の合間にできる運動だし。

 

こんな風にまた同じことを繰り返すわけです。

 

具体的な方法が悪いわけではありません。具体的であるということは

分かり易いということ。行動を起こせるということです。

でもダイエットで具体的なことばかりに傾倒すると何故ダメなのかというと

 

応用がきかない

 

ということなんです。

あなたの身体は日々進化してますよね。老いに向かって(笑)

極端に言えば、昨日のあなたと今日のあなたはすでに違う細胞で

作られているわけです。ですからその変化に対応していかないといけない。

 

今の身体に合った栄養とか習慣とか思考とかそういった少し曖昧なもの

つまりは抽象的なものへの理解が必要になってくるわけです。

ここで頭の弱い人たちは

抽象的ってなによ。意味わかんない。

と言って具体的なものにすがります。だからバカは痩せられないんです。

 

抽象的なレベル、つまり思考やマインドについて学んでその影響ですね、

体に対する影響を理解していなければダイエットの成功というのはありえません。

あなたの行動を変えるのは常に精神性つまりは思考だからです。

 

分かりやすく言えば

あなたの心の在り方が変わらなければ痩せる為の行動も起こせない

ということなんです。

いわばダイエット成功に繋がる行動です。

 

具体的に何かをするというのは抽象的理解を伴っていなければ、ただの作業でしかありません。

「作業」である限り、あなたの思考は1ミリも変化しません。

逆に

なぜこういう食品を食べるのか?

どうしてこの食品がダメなのか?

なぜこの習慣が必要なのか?

 

こういう曖昧なものつまり抽象的な物への理解があってはじめて

実のある行動に結びつくわけです。

ただただ言われるがままに行動してたってそりゃあ痩せる訳ないですよ。

痩せるには

頭を働かせること

感情がどういう影響を体に及ぼすか

最低でもこれを知っておかないとお話になりません。

だからよくある巷のダイエット法はクソなんですよ。