数年前はカツマーよろしく勝間本を読み漁っていた私ですが最近また読む機会が増えました。
勝間さんが家事分野に進出してきたからですね。これ面白いですよ。さすが元マッキンゼー。
汚部屋脱出の方はまあ巷で語られてることと似たような内容なんですけど、語り口が勝間節で
気持ちがいいです。ロジカルに語れる女性ってあんまりいないので貴重です。
この本読み返してまた我が家の物が減りました。まあまた増えるんですけど。
お洒落が得意じゃない、あまり重要視してない勝間さんならではの視点が新しくて面白い。
主婦のミニマリスト本より断然為になりますね。思考が整理される感じ。頭いい人はもうすべて違いますね!

ロジカル家事は、、、うーーんそんな目新しい方法ではないかな。
共働きならこの程度の事は大体やってるし、機械化、外注化の話です。
メモは紙じゃなくてデータで残すとか、kindleない時代から家で裁断してスキャンしてる方なのに
kindle版が出てないという、不思議・・・。ちょっとしたエッセイとして読むには面白いですね。
家事に追われてる人は読んでみたらどうでしょうか。私はもうほとんど家事とか雑用に追われてないので
役には立たなかったですね。

勝間さんは断捨離して、痩せて彼氏ができたみたいなのでそこは参考にできると思う(笑)
セックスしてなくて満たされてないから部屋が散らかるらしいです。
確かにあるかもね。