林真理子さんの作品ってほとんど読んでるんですけど


あれ?この作品知らないな・・・



と思って借りたら・・・・・(笑)
そもそも金瓶梅って中国の有名な官能小説らしいですけど
その知識は持ち合わせておらず(笑)

図書館で知らずに借りたけども恥ずかしーぞ、おい。。
小説としては面白いけど、人前では読めません。
ちらっとのぞき見でもされた時には

筆おろしの神様

とか書いてある(笑)

官能小説界ってファンが多くて、「この程度じゃ全然」とかレビューにあったんですが
こういうの読んで中年の性欲減退に対抗してる人けっこういるみたいです。尊敬。。
途中でやめるのもったいないのでとりあえず3作読んでみました。
江戸のイケメンお金持ちが主人公なのでそれも面白いです。あの時代、着るものや食べるものに
贅沢でいいですよね。
なんだかもやもやしてる方にはおすすめかな。