映画化された「春を背負って」もいいんですがこっちは超ガッツリ登山小説です。
登山小説にハマったときほど


男に生まれたかった~~~


と思ったことはないかもしれない。なんつーかもうすごい男の世界だから。
女の登山家もいますけど、あの山に対するストイックさとか体力の限界とか考えると


やっぱ男じゃなきゃな!!


って思っちゃう。画にならないなって。
笹本さんは警察小説と登山小説を書く作家さんですが
警察小説の方は読んだことないです(笑)なんかピンとこない。
だけど登山小説は読破してます。初心者でも読めるのも多いです。
この本もちょっと重めですが、すらすらと読めました。いやあ面白かったです。