やはり人生における2大ストレスは

仕事と人間関係です。

これらが満たされると生活の質はぐんと上がります。
そして面白いことに、仕事の収入や満足度が高いと変な人間関係に悩まされることが激減します。

飲食、介護、小売の末端低賃金職にいると貧乏で低能で難ありの人間に当たる確率が
上がります。こういう職場はいじめや妬みとか多いですよね。
自分の周りの人間が自分の将来の姿であることを考えると、、、気が滅入ります。

学生時代に駅ビルの忙しい喫茶店でバイトしてたんですがそりゃあもういじめとか
ひどかったですよ。正社員で採用されても1日でやめる人とかざらだし。駅ビルなんで
いろんな客層の人が来るんで下の方の人たちとか相当ひどいです(笑)

これはコンビニとか空港で働いてる人は分かると思いますが
すべての客層を相手にする職場って疲弊するんですよね、クレームも多いですしね。

低賃金の業界で働けばそのぶんストレスは多いし変な人に絡まれる機会も多い。
これは往々にしてあると思う。だから高校生ぐらいでその世界を知ってたほうがいいんですよね。
マックでバイトして

飲食では働けない

って悟ってめっちゃ勉強して大学行って、違う業界目指したって子いますよ。
やっぱり高卒だと職場の選択肢は狭まります。差別とかではなく、現実として。

そこそこの給料でも今度は仕事内容に不満が多い場合もありますよね。
医療や公務員のような半奉仕のような仕事はまだなんとか耐えられるかもしれませんが
やりがい、高給、自己肯定感こういうものが得られない仕事はストレスでしかありません。

仕事でストレス抱えてる人っていうのは大体が人間関係ですが
結局のところ仕事が「よい」条件の仕事であればあるほど人間関係もよくなっていくんですよ。

そういういい仕事に就ける人は優秀で外見もよく、能力ある、性格がよい、行動力ある、人あたりがいい
のを武器に就職戦線を勝ち抜いてきた人であるはず。だから本人の経済状況が上向いて
より外見にも内面にも気を遣ってますますよき人格を身につけて人生を謳歌していくみたいな。

今の会社生活にストレスが多くて痩せない・・・みたいな人は
やっぱり環境を変えるしかないですよね。会社を変えるか仕事を変えるか。
環境変えないと無理ですよ。寿退社して出産しても結局頼れるのは自分だけですから。