これは万人には当てはまらないと思いますが

爪の状態

で一発でわかります。私の場合。

ネイルに気を遣ってる人はしょっちゅう爪の状態をチェックすると思いますが
私もけっこう最近は気にしています。
タンパク質をしっかり摂るってことを最近実はあまり意識してなくって。
それは「食欲の秋」になろうが私の場合、秋になると暑さが和らいで
食欲もすこし収まるんですよね、毎年。

私の食欲は夏とか冬とか、「暑い!!」「寒い!!」って刺激が強ければ強いほど
食欲も刺激されるように思うんです。あくまで私の場合ですが。
なので過ごしやすい春秋だとなんとなく淡々と食べる感じになります。
だからなんか欲自体がしぼんでます。

そんなわけで最近、ここ2週間ぐらいテキトーにごはん食べてたら
みるみる爪が二枚爪になって割れてきました。
もうおなじみの光景なので

そうなのよねー最近がんばってタンパク質摂ってないのよねー
足りないよねー

なんて思いながら爪の手入れをするのです。

もともと爪が薄く割れやすいので、弱いところにもろに出るんだと思います。
脚も冷えやすくなったり、やはり末端にすぐ影響がでますね。

こういう自分の体の反応を知っているっていうことがやはり太らない体を
維持するためのスキルなんではないでしょうか。知らないとなんで爪が割れるかどうしたら
割れないようになるか対策もとれないし、放置するだけでしょう。
自分の体って意外と知らないこと多くないですか。

脚がつるときとか、肩がこるとき、便秘になるとき、胃が痛むとき、口内炎ができるとき
そういうときの原因と自分なりの対処法をちゃんと知っていると強いです。
ちなみに私は全部知ってますよ。だいたい同じような状況で似た症状が出るので

ああ原因はあれかあ!

ってすぐわかります。外れることもありません。
そういう知恵の蓄積ですね、大事なのは。いかに自分の体を観察しているか
そして理解しているか。身体の面でも、心の面でもそうですよね。
どういう感情が起きた時に、余計な物を食べたくなって、こういう時に寝不足になってって
いう自分の癖を理解することがまずは大事ですよね。
癖はひとりひとり違いますから、何かを学んでもわからないです。
自分で考えないと。たくさん考えることです。
多くの人は実はしんどいから「考えて」ません。考えてるようで考えてないんですよね。