ここ、笑うとこです。
ミセスつまり既婚の奥様方、聞いてますでしょうか。この雑誌、おそらくターゲットは
30代以上の富裕層の妻、なんでしょうがちょっと古臭いファッション雑誌って感じです、正直。
掲載されてるものも庶民の金銭感覚とかけ離れたおったまげーな値段のものばかり載ってます。
6億のネックレスを誰が買うのか。もはや興味すらもてません。

上品ではあるけれど、いつ廃刊してもおかしくない雑誌として私の頭にインプットされていたわけですが
この雑誌、なんと私の憧れる刺繍作家の樋口愉美子さんの連載を始めています。なんと。
刺繍って富裕層の妻がやってるような趣味ってことなのね。まあそうか。いまどき
意外に金がかかる手芸という趣味を持つ人も少なかろうし、まして刺繍。果てしなく時間がかかる。
その時間を捻出できるのは世の金有専業主婦ぐらいなのか。そうかもしれない。。

とその樋口さんの刺繍見たさに雑誌を買うわけですが、高いのね、この雑誌(笑)
さすがミセス向け。たかが月刊誌なのに1000円越え。これはむさぼってるな。
まあ写真も素敵だし、表紙は必ず女優だからか。
あー樋口さん、もうちょっと掲載誌「選んで」欲しかった。
どう見ても世間知らずで仕事なんてしたことない生粋のお嬢様育ちの奥様が選ぶ
ブランドものだらけの薄い雑誌のようにしか思えない。。なんか文化的とか芸術的なの
アピールしてるけどそれがなーんかうわべだけのような感じがぬぐえない。