まず大きな理由は

食事の栄養価が低く無駄にカロリーが高い

ってことですね。
だいたい食費を節約して作るとなるとタンパク質が不足します。
食品の中で一番金がかかるのが肉や魚などのタンパク質です。
野菜なんて安いもんでしょ。
節約料理でセコセコしてる場合、フィレステーキなんてまず食べられない。
だけど赤身の肉はダイエットにはめちゃくちゃいいわけです。

だいたい栄養価の高いものは値段も高い。これは常識です。
加工食品やお菓子、小麦粉由来のもの、そういうのが安いのは
栄養がスカスカ、原価が安いから安いわけで、しかもカロリーだけは高いですね。

ダイエットにいい料理、例えばライザップがお勧めする食事を
実際やるとなると食費はけっこうかかります。肉や魚がメインだからですね。
糖質が低いものであればそれだけで価格は上がります。
糖質制限食もお金ないとできません。節約とは無縁ですね。

節約主婦たちが勘違いしているのは

節約料理=質素で健康的な料理

と勘違いしているところです。野菜やキノコでかさましするのがヘルシーだと思ってる
とか、一汁一菜をふつーの安い野菜でやってもOKって思ってるところですね。
現代の栄養価の低い野菜で一汁一菜とかやったらオワリです。
あれはひと昔前の栄養が詰まった無農薬野菜を皮ごと食べるぐらいのレベルで
やらないと栄養不足になります。いまの時代粗食にするっていうのも
調味料やなんやらで相当の金がかかります。
お金かけないで栄養バランスがいい料理なんてまず無理ですよ。

そしてもうひとつの理由はストレスですね。
無理に節約してるからストレスがたまってるから太るわけです。
本当は自由にお金を使いたいくせにその欲望を押しつぶして
競争社会から逃げ出したくせに家庭に入った自分を正当化して

節約、倹約上等!ミニマリスト!

とのたまって今の生活が十分だと思い込もうとしてるから。
きっと潜在意識では葛藤してるはずですよ。本当はもっとお金欲しい
もっと稼ぎたいって思ってるくせに。

欲がない?

人間のくせに欲がないなんてありえないですよ。
小学生の頃、欲しいものなんていっぱいあったでしょう。
あれが本当の人間の欲ですよ。抑え込まれてない正当な欲望です。
あれが本当の姿なんです。

欲がないなんてありえません。そういうことは十分にお金を稼いで
リタイアしてから言ってください。そのあとにはきっとほかの欲が
出てきてるはずですけどね。少なくともほとんどの人はお金が欲しいと
思ってる。もっと自由に生活したいと思ってる。
それを隠すのは自分をだましてるだけの人間です。

自分をだましだすと、やはり他人もだますようになる。
giveしないでtakeばかりするようになるわけです。
無料で何かをもらって当然、他人に一切与えない人間ができあがるんです。
それが節約と心中した主婦たちです。そういう心持で生きていればそりゃデブになります。
そういう人とはなるべく付き合いたくないしここには絶対来てほしくないですねー。