はっとした。型が助けてくれる。そうか、と思う。そうだったのか。
毎朝毎朝判で押したように祖母がラジオ体操から一日を始めることに
飽きることはないのかと不思議に思っていた。そうじゃなかったんだ。
毎朝のラジオ体操が祖母を助ける。つらい朝も、苦しい朝も、決まった体操から
型どおりに始めることで、一日をなんとかまわしていくことができたのかもしれない。
楽しいことばかりじゃなかった祖母の人生が型によって救われる。そういうことだろうか。



型とはつまり習慣ですよね。ラグビーの五郎丸ポーズがいつだったか有名になりましたけど
あれも「型」。いわゆるルーティンのひとつであれで精神の安定を保つんでしたよね。
いつも通り練習通りのパフォーマンスができるように。
アスリートでもない普通の人にとっては毎日朝起きて顔洗って朝ごはん食べてっていう
習慣以外にもコーヒー一杯とかストレッチするとか音楽聞くとかシャワー浴びるとか
そういった些細な習慣。これによって「いつもの調子を取り戻す」っていうのはありますよね。

昨日どんなことがあってもまた一日をちゃんと過ごせるようにいつも通りをおろそかにしない。
メンタルを安定させるのにも必要なのかもしれない。
私は朝シャワーの習慣があるんですけど最近は全然ダメです(笑)寒くって服が脱げない。
だけどやっぱり朝のシャワーを浴びた一日と浴びなかった一日って確実に違います。
すっきりしないし、エンジンが入らないまま一日が終わる感じがします。
スイッチがきっかり入らずにいるんでしょうね。これが「型」なのかもしれない。
甘酒を一杯飲む習慣も身につけば、飲まない日はなんだか気持ち悪い。
便秘の時は気にもしなかったけど毎日出てると出ない日は調子でない。
毎日散歩してたけど、歩かなかった日はなんか気分悪い。

こう考えるとよい「型」をなるべくたくさん持ってそれをちゃんと毎日繰り返すことで
健やかな生活ができることになるんですよ。まあいい習慣をいっぱいもつ。
たくさんあると大変だなあって思うかもしれないですけど「習慣」なのでその人にとっては
あくまで日常なんですよね。だからつらくはない。
そういう一つ一つの習慣が「太らないための習慣」であって、それを日常としていれば
まず太らないわけです。で、太らない人に


何か特別なことやってるんじゃないの?


って聞いても


別に?普通に生活してるだけ


みたいに言われる。だってその人にとっては当たり前の日常だから。
私も朝早起きするのも、シャワー浴びるのも、甘酒飲むのも、散歩するのも
ストレッチするの、筋トレするのも、もはや当たり前です。それらがないと
私の日常ではありません。
その習慣のすべてが実はダイエットにはとてもいい習慣で太らないことに
貢献しています。ですが、別にそうじゃなくってももうそれが当たり前なので
今更やめろと言われてもやめられないわけです。


止めろと言われてもやめられない習慣


これをダイエットに最適化すればいいだけです。最終的にはね。
デブは喫煙やら夜更かしやら間食やらデブに最適化された習慣の継続に
熱心だから痩せられないんであって、それを丸ごと変えないとまあダメなわけです。

で、結局は習慣を変えるってことはその人の生き方を変えるってことです。
生き方を変えるってことはその人の信念とか価値観とか思考とかそういう次元のものを
変えないといけないのであって。並大抵の決意やなんかじゃあできません。

ダイエットには思考が大事ってのはそういうことですね。
誰でもできるわけじゃない。だからみんな結局は中年太りから脱け出せなくて
そのまま肥満体の高齢者になるんです。成功率は絶対的には低いですよ。
このサイトでの成功率は相対的には高いと思いますけどね。