ついつい時候の挨拶的に

頑張ってくださいね!

とか返しちゃうんだけどこれを言葉のままにとって頑張ったら
ダイエット失敗します(笑)ここはニュアンスだけ感じてほしいのです。
よっしゃああー頑張るぞーーー!みたいなメラメラ系は数年後は必ず燃え尽きてる。

気合入れて頑張ると継続はけっこう難しいものですよね。
それと同じでいい感じに力が抜けた状態を目指すことです。
自然体でかつ集中力があり、コツコツと積み重ねて・・・みたいな感じ?
それと並行して生活の中からとにかくストレスをひとつずつなくしていくことです。
これがなくては成功はありません。今の生活で痩せることはない!だって今の生活の
せいで太ったんだから。あなたは太るような生活を送っているのです!!!(笑)

私も維持期に入ってからはリバウンドしないようにとにかく、とにかくストレスを
減らすことに注力しました。仕事を変えるのはもちろんですけど特に家事の中で
ストレスになっていることをひとつひとつ解消するようにしました。
力が抜けてから、だいぶ上手に維持できるようになりました。あとは熱中できる
趣味を見つけるようになってからはまたぐんと楽になった。

献立を考えるのが大きなストレスだったので、週の半分を食材宅配にするとか
決まった献立で「考えずに」作れるようにしておくとか。
洗濯物を外に干すと虫やら天気やらに左右されるし、干すとき取り込むときの寒さ暑さ
紫外線浴びるし、そういう小さなストレスも全部取り除く。
タオルは乾燥機、服は部屋干し+サーキュレーター。服もタオルもたたまない。
ハンガーにかけるかタオルは二つに折ってカゴ収納するだけ。もちろん息子には自分のもの
は自分でやらせる。夫のはやってあげるかな。仕事大変そうなときだけ(笑)

掃除もスティック型にするのはもちろん、クイックルワイパーは子どものお手伝い。
風呂と洗面所掃除は朝シャワー浴びるときにやって、トイレはトイレ入ったとき。
ついで掃除は主婦なら当たり前にやってることでしょう。

そうやって一日の中で「イラッ」ってことを全部取り除く勢いで変えていくわけです。
そうすると時間は余るし家にいるのが心地よい時間になる。テレビやyahooやLINEを
見ないようにするって言うのも無駄にストレス感じないコツかもしれませんね。
ヤフコメなんかの変な情報を入れない。ニュースチェックはCNNとかDailyNewsとか海外ので見たりする。
英語分かんなくてもなんとなくわかるもんです。慣れてきますし。日本の情報にまみれてたら
そりゃあ「日本的に当たり前」な中年太りになるのもしょうがないと思う。

そういう余裕の生活の基盤があって、はじめて減量に取り組めるんです。
普通に生活してて大きなストレスがあったらダイエットはいばらの道です。
減量するってことは心身に少しはストレスがかかるわけです。特に減量期は。
それだけでハードルが上がりますよね。食事改善なんてできるわけがない。

太ったってことは「ストレスが多い生活してるんじゃないですか?人生に
不満ばっかりじゃないんですか?」って体が訴えてるのと同じです。
早くどうにかしてほしいって体はサインを送ってるわけですよ。
これ以上はヤバいよって。そのサインをちゃんと受け取ってあげないと。