確かについてる脂肪の性質上、女性の脂肪は落ちるのに時間がかかるのかもしれないですが
同じ人間なんだから男女差はそんなにないはず。ということはやり方が間違っている可能性が高い。

だいたい男性がダイエット始めるのって30代がまったくのはじめてって人がかなりいます。
今まで好きなよーにかなりの量を食べてきてそれで加齢とともに太って・・・みたいなパターン。
これがまず女性とは違う。女性はだいたい10~20代で相当な数のダイエットを繰り返してる。
太れば食事制限し、お菓子食べて肉食べない、体重だけを落とすみたいなのは誰しもやってるはず。
あれのせいで代謝の悪い体に変えてしまい、さらに加齢で代謝は落ちたところ、30代に入って
緩やかなリバウンドを始まってるみたいな状態。前提が男女で違いすぎる。そりゃあ一生に一回の
ダイエットを正しくやればするする痩せる。それが男性のダイエット。

しかも男性は正しく炭水化物を食べてきてるから(笑)そりゃあ減らせば痩せる。女性はそもそも炭水化物を
日頃から減らしてる人ばっかり。それ以上減らしても大して変化はないのが当たりまえ。
それより女性は男性より、変な加工品食べ過ぎ、お菓子食べすぎ、もしくは栄養とってなさすぎ
低カロリー品とかサラダで栄養スカスカな人の方が多い。こういう人が食事をさらに減らしても
絶対痩せられない。

むかーしどこかの記事にも書きましたが、「食事の量を減らせば痩せると思いますが
こんなに減らして大丈夫かな・・」みたいな意見が届いたことがありました。
たぶんその方は食べ過ぎで太ったわけではないんでしょう。でも太る。ということは栄養が足りてない。
いわゆる栄養バランスが悪ければ脂肪は燃えませんから。でも量を減らせと書いてあるからもっと減らした
方がいいのかなと悩んでおられたようです。情報は受け手の状況によって変わるので確かに難しいし誤解を生みます。

特に教材なんかは万人に当てはまる方法なんて書いてないんです。自分に当てはまる事例を探して
ああここが悪かったのかとここを変えればいいんだということを自分で考えないといけません。
自分の状況はさておき、こう書いてあるからこの通りしなければ!って考える人には宝の持ち腐れです。
自分がどう受け取るべきか考える力がないと、やはり一人で何かを学ぶというのはハードルが高いんだな。
自分がどういう人間で、どういうことが得意で、どういうことが不得意で、どういうことにストレスを
感じて、どういうことが好きで、どういうことが嫌いで、どうやって今の体型になったのか。
そういうところを深く掘り下げておかないと、例えば教材に生野菜を食べましょうみたいなことが書いてあれば
毎日なんの疑問もなく生野菜食べる(笑)あれって一例ですからね。あくまで一例。
生野菜で冷えやすい人もいるでしょうから臨機応変に対応しないと。

生野菜ちゃんと食べなかったから痩せられなかった!とか言ってる人います?
え?そりゃねーだろって思うでしょ(笑)そういうことです。些末なことに囚われていたら
いつまでたっても成功できません。ダイエットに挫折しやすい人ってけっこう几帳面な人が多いのかもしれないね。
私なんかパラーーっと見てできなさそうなところは全部飛ばして、できるところだけ集中的にやりましたよ。
だってストレスたまれば意味ないじゃないですか。そういう情報との距離の取り方は、いろんな情報に触れてこないと
わからないですね。本読んだり、勉強したり、買い物したり、旅行したりとかそういう経験が絶対的に少ないと
判断材料が少ない。だから言われた通りにやるしかないんです。もっといろんな情報に触れないと考える力は
身につかないんだなあと最近思う。インプットしてない人はアウトプットできない、行動できない。これ正しい。