忘れるとこでしたー。もう年末だしそろそろまとめておきたいと思います。
ちなみに去年の記事はここです。

では早速行ってみましょー。

基本的に2017年出版の本にしたいと思うんですがこれは!っていうのは
ピックアップしたい。

まずはこの本。
マスクつけるだけダイエット

笑えるタイトルですが、これほんといいですよ。息苦しいけど。
呼吸が浅い人はちょっと試しにつけてみるだけで

私ってちゃんと呼吸してなかったわー

っていうのがわかると思います。血行や肩こりもよくなるんですよね。
ちょっと「本」ってジャンルからは外れますけど良書です。

次はこの本。
やせる味覚の作り方
タイトル通り、素晴らしいです。なんというかアプローチが自然で無理がない。
舌先で食べ物を転がすとか「無理でしょ」みたいなのを勧める本もありますが
こちらの本が「できそう」っていうのは間違いないでしょう。自分にもやれそうって
思えるっていうのは大事なポイントですよね。

ではどんどん行きましょー。3冊目はこれ。
森拓郎の読むだけでやせる言葉
これは外せません。最近の森さんの本の中では断トツベスト。食事9割~の本もいいんですが
メンタルに働きかけてくれるこういう本の方が個人的には好きです。よい食事はもう頭の中に
入ってるからそれをいつどんな状態でも実践できる精神状態をいかに作れるかにかかってると
思うので。そしてそんな気分にさせてくれるBGMみたいな存在なんですよね、この本。
夫婦喧嘩したあとに、ラブラブだった頃2人でよく聴いてた音楽が流れてくると幸せな気持ちが
よみがえってきて反省する感じ(笑)美味しいもの食べなくて人生やってられっか!ってくさくさ
したときに読むとすーーっと落ち着いて、そーだよねーうんうんそーだよねって自分を取り戻せる。
そういう効果があります。

さ、次次。4冊目はーーーこれです。
ライザップ糖質量ハンドブック
最近も紹介した本ですねー。もう日課です。今日食べたメニューで糖質多すぎたのあるかな?って
開くときもあるし、今夜あれを食べる予定だけどどれぐらいかな?って確認しておく本です。
特に誰かと食事の約束があるときとか、飲み会の時は事前チェック必須です!
まあ大体ひとりの人間が食べるものって決まってるので、しょっちゅう開いてるとよく食べるものが
糖質が多いのか少ないのかがわかるようになります。もちろん多いからすべて悪いってわけじゃないんですが
まあだいたい悪いものが多いですからね(笑)!それだけチェックするだけでも
もっとヘルシーなものの方がいいかな・・・ってブレーキがかかるんで目に見える「数値」はいい指標です。
体重の数値なんかよりこっちの数値気にしたほうがいいです、一日で摂取した数値をね。

で、最後の一押しはこの本です。



世界一の美女になるダイエットって本がベストセラーになったエリカ・アンギャルさんの
本です。これが2017マイベストですねー。幻冬舎が10月に発行したばかりなんですけど
やっぱ見城さん天才。(幻冬舎の社長です)面白い本ばっかり出すんですよ、この方。
この本すごいです。日本人が今まで言ってこなかったことズバズバ指摘してます。
海外から見る日本人ってすっごくためになるんですよ。だって日本にいて日本の教育受けて
日本のテレビとメディアにずぶずぶに浸ってる日本人って普通に洗脳されてて何がオカシイのか
わからないんです。私も含めて。だからこうやってオカシさを指摘してもらうのって大事。

食事と睡眠は大事って言ってるダイエット指導者は腐るほどいますけどそれと同等に性欲も
大事って言う人は初めてですね。でもほんと最近そう思う。セックスレスになる夫婦って
30代になると激増しますから。身近な問題になるからこれが人生の満足度を下げてるのは
間違いないし、それが中年太りに多大な影響を与えてる。これも間違いない。
女性向けのアダルトサイトの紹介もしてあります(笑)いろんな意味で今年ナンバーワンの本でした。

まあ興味ある方はどれか読んでみてくださいな。なんか去年はまさかまだ読んでないとかいう
受講生はいないと思いますが~なーんてこと生意気にも書いてますけど、年取ったからか
読まないなら読まないでいーですよって感じです、ほんと。やる気ない人と無駄に付き合いたく
ないんですよね。私の時間をそういう人種に振り分けたくないんですよね。気の合う人とだけ付き合いたいから。
だからついてくる人はついてくればいいし、興味ない人はさよーなら。お客さんに困ってないから(笑)

良い本に囲まれて、よいお年をお迎えください。それでは!!!