闇の叫び アナザーフェイス9 (文春文庫)

このシリーズもとうとう終わり。ハマったなあー。仕事が嫌でやめたくてたまらなかったときも
この本の発売を見かけるだけで「あー働いててよかった」って思ったものです。無職だったら
気が引けて好きなように本とか買えませんから。人生の小さな楽しみを小説からもらうことが
多い私。連載物が終わるとほんとに笑われるぐらいがっくりきます_| ̄|○
漫画もそうですけど小説ですかねーやっぱり。元気になりたいとき、しっかり悲しみたいとき(笑)
は読んで別世界に行くのが最高です。楽しみというより栄養ドリンク的な存在ですね。ぐびぐび。
あなたもそういう存在ありませんか?映画とか音楽とかインスタとかブログとか。