食欲の秋とともにやってくる、フィギュアスケートのシーズン。
私は毎年この季節が待ち遠しくてたまりません。

フィギュアスケート見るの大好きなんですよね。

宝塚とかベルばらとか優雅で華やかな世界好きなんですよね~
自分にはまったくない要素ですから(笑)

裏では壮絶な努力がある厳しい世界。
過酷な世界だからこそステージの上でひときわ彼女たちは輝いているんです。

新米、さんまの塩焼き、栗、梨、柿、ぶどう・・・
秋の味覚を堪能し、着実に脂肪が増えそうな罪悪感にまみれるこの時期に
目にずぼずぼ刺さる彼女たちの鍛えられた肉体。

 

はあ~美しいわぁ。。。

 

ムキムキな筋肉じゃなくてまさに目指すところのしなやかな筋肉。
ハッとする柔らかさと優雅な仕草と表情。たまんないですね。

浅田選手が1年半も休養したあと、復帰第1戦のショートプログラム。



 

見ました(笑)??

 

フィギュアスケート見てるわりにはジャンプの種類とか
見分けられない程の素人ですけど・・・

 

すごくなかったですか!?

 

なんかあまりにもレベルが段違いになってましたよね。
ジャンプの出来は誰がみても分かるかもしれませんが

なんといっても音楽のとらえかたと、体の使い方。

ほかの選手と全然違いましたよね。
こんなに違うんだなってびっくりしましたもん。

こんなこと私が言えた立場じゃないですが

 

めちゃくちゃうまくなってた。

 

鳥肌めっちゃたちましたから。

ステップとかほんと異次元レベルでしたよ。採点もずば抜けてたみたいですね。

なんかやっぱり天才ですよね。
天才にあぐらをかかずに毎日どんだけ努力してるんでしょう。

アスリートと一般庶民を比べるのもおかしな話ですが
私、何やってんだろうって(笑)

 

このたるんだ体はなんなの・・・・・

 

まあ・・・
万年ダイエッターのひとたちよりいくらかマシだと思いますけどね。

毎日何かに向けて必死に生きている人の顔とか体型って
そこに緩みなんてものはない

そう思います。

あるのは

緊張感・ 緊迫感・ 充実感

・・・そういったものでしょう。
それが体型にも当然現れる。

 

私の生活と体型は緩みだけ(涙)

 

私は「太らない」ように生活できる術は手に入れています。
その自負もあるし、それで満足している部分もある。

 

私の頭の中にいる「天使」が

 

太らないならいいじゃない。アスリートじゃないんだからさっ。
そんな無理しなくて鍛えなくたっていいよ、毎日忙しいんだし。
めっちゃ鍛えてるアラフォーママなんてなんか必死過ぎて気持ち悪くない?

 

一方で「悪魔」はこう言うんです。

”ちょっと”緩んでる。そのちょっとからどんどんどんどん体型っていうのは
崩れていくもんなんだよ。
しかもアラフォー?お前は毎年毎年代謝が少しずつ減っていくのを知らないのか?
今の楽な生活をしていたら来年には代謝が減った分、その体型は維持できない。
当たり前のことだろう。
そんな甘い考えじゃ甘えた体型になるのも時間の問題だな。

 

 

まあ、こんな感じでせめぎ合うわけですよ。
あなたは天使と悪魔、どっちを支持します?

 

太らない

 

ならそれで満足です?歳は嫌でもとっていくのに??

現状維持じゃ、明らかに来年には苦しむことになるんです。
1年の分だけ、体は確実に老化する。
たるみも増え、ゆるさが感じられて、意外なところに脂肪がうっすらつくようになる。

去年と同じ生活をしているだけ、ただそれだけで
筋肉量は減り、体型は悪いほうに一段レベルが下がるんです。

昨日より今日、今日より明日、自分が進化しなければ体型の維持は無理なんです。

 

太らないっていうのは現状維持ではないんですよね、実際。

 

老化という要素がそこにある限り、維持するにはつまるところ
あなたが日々上に上にいかないといけない。

維持するために向上しなければいけない

ということなんです。
向上するためには努力が要るし、強い精神力が要る。
それを日々続けるという忍耐が要ります。

 

体型維持って奥が深いですね。

ダイエットも奥が深いですけど、その先の体型維持というのも
終わりが見えない。ゴールがない。

維持するためには

歳をとるごとに体により負荷をかけていかないとけない。

そう考えるとほんと体型維持を長年続けている高齢の女優さんとか見ると
どんだけ努力してるんだろうって思えますね。
まあそれが仕事かそうじゃないかによっても必死さは違うでしょうけど。

おそらく仕事じゃないにしても、女優である彼女たちの自尊心が
太ることを許さないのかもしれないですよね。
そういうマインドを持っている人の方が結局は強いんですよね。

 

太った自分の存在が許せない
歳とともにおばちゃん体型なんて恥ずかしくて死ぬ
 太って恥をかくぐらいなら死んだほうがまし

 

そんな人間は一生望みどおりの体型を維持できるんでしょう。
結局はその人の思考、自己哲学に左右されるということです。

私もデブ体型で宝塚や真央ちゃんにキャーキャー言ってる
痛いおばちゃんになるのは絶対御免なので
体型維持にもっと精をだそうと強く思った夜でした。