結局大事なのは食事の質です。ピザを食べるなとは言わないけれど、減量したいならこういうものは一時的には避けないとどうしようもない。運動したってピザ一人分でもカロリーを消費するのはめちゃくちゃ大変だし、脂肪分も多いし炭水化物も取りすぎる。しかも脂肪を燃やしてくれるような良質な栄養が足りなさすぎる。小麦が日本人の体質にはあまりよくないっていうこともよく言われてるでしょ。

やっぱり和食。あなたが生粋の日本人なら和食中心にする以外に楽な食事改善は存在しない。それが一番楽。朝は玄米に味噌汁に鮭食べて、マゴハヤサシイで炭水化物に気をつけて痩せないっていうのは絶対おかしい。3食以外で食べ過ぎてるか、調理法がおかしいか、単純に量が多すぎるか少なすぎるか。少なすぎてもよくないというのがポイント。食べ過ぎて太る人より、良質な栄養を摂れてなさ過ぎて脂肪が燃えない人の方が多い。

いまどきダイエットしたくて悩んでる人で大食いは見かけない。何を食べたらいいのか迷ってて、栄養スカスカなものしか食べてなくて脂肪が燃えずに停滞してるか少しの羽目外しでそのまま太っていってるかみたいな人ばっかり。食べる勇気がない人の方が多い。ちゃんと食べた方が痩せたって経験がないから食べられない。肉や魚もちょっとしか食べられない。長年「しっかり食べない」生活してると特に年取ってからタンパク質を分解できなくなる。胃がすぐにもたれる。そういうのはちょっとずつ食べることに慣れさせて変えていくしかない。まあ肉より魚の方がいいと思うけどなかなか魚料理メインで食べてる人って少ないし。我が家も子どもいるし肉が多い。最低でも週2、3は魚にしてるけど本当はもっと増やしたいぐらい。

基本的に肉食なら、減量中だけでも週4ぐらいで魚にした方がスムーズにいくと思います。それはやっぱり肉料理だと味付けとか部位しだいで脂肪になりやすいメニューになるからですね。魚だとシンプルな調理が多いからその分ヘルシーです。魚と玄米、ほか野菜をメインにして3か月がんばれば、すんなり減量期終わると思うんですよね。それも難しいなら徐々に変えて6ヶ月ぐらいですかね。もちろんもっと痩せたいなら維持期を挟んでまたやるしかないですけど、まあ中年のダイエットって5キロぐらいが限界なんじゃないかなあと思いますよ。自己流なら。