基本的に女性は運動不足ですよね。体育会系の部活動やってた人も男性に比べると少ないし。運動苦手な人多い。しかも男性は結婚しても子どもができても趣味で運動を続ける人多いですが、女性ってだいたいやめますよね。物理的に時間的に無理だし。産後は運動どころじゃない人がほとんどだし。やっぱり一度習慣をやめてしまうとなかなか復活しづらい。特に女性はライフスタイルが変わるから難しい。若い時は仕事に育児に家事にだいたい時間がないもの。その中で体型維持のために運動を欠かさずやろうとするのはかなり難しいし、できない人の方が多いです。でも私が今でも後悔してるのはそこ。運動習慣を何が何でも続けてればよかったなあと。昔はヨガやったりジョギングやったり筋トレやったり、意識高めにいろいろやってたんです。でもやっぱり子ども産まれてから後回しになってやらなくなった。あのとき、誰かに預けてでも運動やってればよかったと思う。ウォーキングだけでも。結局は自分の意志が弱かったからです、やめたのは。だから今はすごく後悔してますね。

私の友人は幼児が2人いて仕事もしてるけど、週1でテニスに通うのをやめなかった。それはある人にとっては贅沢だなあと思われるのかもしれないけど、すごいなと思った。本人は育児も仕事も体力勝負だし気分転換にもなる、今やめたらせっかく継続してきたものがもったいないし、母親にも一人時間が必要だということを夫に理解してもらうためにもやめなかったと。幼児を見てもらう負担とかその時はものすごくやりくしたり理解を求めたりで大変に思うかもしれないけど、期間も長いように感じるけどその先の長い人生を考えたらほんの一瞬なんですよ。だからなんてことない。でも渦中にいるとそういうのってわからないし気づけない。だけど運動習慣は絶対にあきらめない方がいいことのひとつだと今は思う。寝る前のストレッチなり、たった5分の筋トレなり、マッサージとかでも。やるとやらないとでは10年後に大きな差がつくところ。

それとやっぱり運動はメンタルをあげてくれる一番簡単な方法です。上げるというより下げないって言った方がいいかな。単純に筋肉を動かしてなにがしかのホルモンが分泌されるだけでいいわけです。こんな楽は方法はない。私も毎日歩くとやはり気分がいいですし、あんまり仕事の悩みでドツボにハマることが減るような気がします。女性はやはり男性より悩みがちな人が多いと思いますけどそれは単に世間が狭いとか、教養が足りないとか、人生経験が少ないとかいう理由もあると思いますが、運動量が少ないという理由もあると思います。動くの嫌いな人多い。社会人になって運動しない人多いです。だからどうでもいいことに悩むし、人生ネガティブになりがち。世の男たちを見てください。単純馬鹿で溢れています。休日には草野球に草サッカー、草ラグビーやってる人でいっぱいですよ。そこには男たちしかいません。ああやって単純明快なメンタルが出来上がるのです。女性も真似していいところですね、そこだけはね(笑)