首都圏は450万ぐらいですかね、平均。それ以外なら年収300万、とりあえず平均ラインを目指したい。平均「以下」だと劣等感とか嫉妬とかひどくなるし欲しいものなんにも買えないし、贅沢もできない。それはストレスたまる。ちなみに40代前半の男女合算平均年収は460万円。対象を正社員に限定した場合、全年代の男性の平均年収が約540万円、女性は約373万円。派遣とかパートで働く女性が多いせいで平均年収に差がつくわけではないらしいですね。

年収300万が雇われの平均的な限界額なのが社会の現実なので、もっと理想を言えばあとは自分で事業やるなり、複業やるなりして稼いでいけたら安心。3,4つ収入の口があるともっといいですよね。ひとつの仕事とかひとつの資格で年収アップ目指すのはこれからはどう考えても危険だし非現実的。でもとりあえずは300万のライン超えてない人は頑張って何とかして超えてみたら見える世界とか見方が変わるはず。年収ゼロ、103万、130万、300万、それぞれ見える世界は全然違います。今は数年前より求人倍率高めだからチャンスです。