miwotsukushi_img6

www.honyaclub.comより引用

高田郁(たかだ かおる)さんの大ヒット時代小説です。
私はこれを読んで時代小説の虜になってしまったので個人的にも思い入れの深い本です。

「食」や「料理」を扱った小説は星の数ほどありますが、これはかなりの異色作といえます。
この時代だからこそ美味しいという料理ばかりですが、主人公の料理人としての生き方や
食材の扱い方の描写が秀逸です。
これでもか、これでもかと主人公を不幸に陥れる筆者(笑)涙なしには読めません。

私たち現代人の毎日の食事を振り返ったとき、時代が違うとこうも違うものかと
驚かされるとともに、身につまされる思いです。
食っては出し食っては出し、食っても食っても飽き足らず。そんな欲にまみれた自分自身を
振り返るいい機会になるでしょう。食に執着のある人には特に勧めたい。
完結するのが惜しいと久々に思った良本です。