能ある鷹は爪を隠すじゃないけど、雇われて働く場合、社内では仕事できる人に思われると損することの方が多い。本当はできるけどできないフリをするのが処世術。余計な仕事をしなくて済むし、面倒な仕事を振ってくる迷惑な人からも逃げられる。

その空いた時間を使って自分の能力を上げることに集中して、早く雇われから脱出する方が身のため。結局不自由な身分である限りどこへ行ってもストレスと薄給と時間のなさに悩まされる。お金がない、時間がない、ストレス多いのはデブに直結。