盛大に風邪をひいております。
今年の年末年始は風邪を引かなかったぞ!
と一人ガッツポーズだった私ですが、

注:昨年は休みに入った途端にインフルエンザになり9連休すべてを病院や家で寝て過ごした。
もちろん嫁として帰省する行事は全て吹っ飛ばした。

神社へ厄払いへ行った辺りから喉に異変を感じ、すでに5日は経過しているが病院でもらった薬も全く効果なし。
医者には

一日中寝てないと治らないよ。歳だからね

 

ってまだ35ですけど!?

 

 

 

年々風邪が治りにくくなったって感じませんか?

せっかく今年は気合入れて運動しようと思った矢先にコレですよ。

なんだかんだ言っても健康がないと何にもできやしない。もっと言えば体力がないとなーんもできませんね。

ダイエットも結局のところ必要最低限の体力がないと成功できないですよ。

体力がないイコール疲れやすいということは

 

疲れやすいとちゃんとした食事を作るのも面倒になり

疲れやすいとちょっとした動きも緩慢になり

疲れやすいと食後すぐにうたた寝をし

疲れやすいと余計に食べ物が必要になり

疲れやすいと睡眠時間が多く必要になり

疲れやすいとちょっとした運動もおっくうになる

 

 

ほら、最悪でしょ?
疲れやすいとデブへまっしぐらでしょ?

 

 

ダイエットに何度挑戦しても常時デブの人って
結局体力や気力が人より劣ってるだけだったりするんですよね。

 

人よりそもそもの基準が低い。

 

基準が低いから
ダイエット頑張ってるとか言っても傍から見たら大したことないっていうね。
やってるようで実は大してやってないから結果が出ない。

 

現代人は体力ないうえに食事がひどいから普通に生活してても太るようになってる。
それを理解して普段から体力を保つように努力してると太らないっておまけもついてくる。

体力っていったん維持する努力をやめるとあっという間になくなって
年々取り戻すのが大変になりますからね。

学生時代に運動してた人ほど危ないです。
体力落ちてます。

10代にあれだけ部活してたから大丈夫って思ってるかもしれないですけど
その貯金って20代にはほぼ使い果たしますから。

 

ダイエットは必要最低限の体力が必要。

 

これは長年ダイエットに挑戦してきてわかったひとつの真実です。