1日3食おいしく食べてるのに痩せている
女性の話を聞いたことはありますか?

 

Miranda-Kerr

 

低カロリーや低脂肪のものをなるべく選んで食べている

炭水化物は極力減らしている

野菜だけで食事を済ますことがある

食べ過ぎたと思ったらしっかり運動してカロリーを消費している

 

一見、ダイエットには大事なことに思えるこれらの行動。

あなたのように愚直にやり続けている人が世の中には大勢います。

ですがそのほとんどが、痩せるどころか、ますます太りにくい体になってしまっているのはなぜでしょうか?

 

こんなに食事を減らしてるのに

こんなにいつも気をつけているのに

こんなにちゃんと運動しているのに

 

不思議に思いませんか?

 

ですが多くの「痩せたいと思っている人」は皆同じ間違いを犯しているのです。

最低限の睡眠すらきちんととらずに
食べるべきものを食べずに
食べてはいけないものばかりを食べ
わざわざ激しい運動をして体を疲労させ
低栄養の食品で体を満たしている。

 

これが何をやっても痩せないと嘆いている人の現実です。

 

実は最近、高校時代の同窓会がありました。
引っ越して疎遠になっていたある友人と再会したんです。

彼女は私と同じ働くママになっていました。
子どもは男の子が1人。

これも私と同じでした。

サラリーマンの夫がいて夫婦共働き。
これも同じです。
違っていたのはただ1つ。

体型です。

彼女は立派なオバさん体型になっていました。
高校時代からすると10kg近く体重は増えたらしく
一回りは大きくなり見た目も随分変わってしまっていました。

 

何が違いを生じさせたのでしょうか?

 

あなたは人生で
何がこのような違いを起こさせるのかを考えたことがありますか?
彼女は高校時代はスリムでした。
もともと太りやすい体質でもなく、大食いでもなく、偏食でもない。

食の嗜好については私の方が酷いのです。
甘いもの好き、揚げ物好き、早食い、大食い…

体型へのこだわりは私の方が強いかもしれませんが
彼女も太った自分を許せないタイプで見た目に気を配る女性でした。

 

 

じゃあどうして?

 

 

どうして彼女は10kgも太り、私は当時と変わらない体型がキープできてるのか?

 

 

その違いは、簡単に言うと単なる知識の違いです。

 

体や心、栄養や代謝に関する知識をどれくらい持っているか
そしてどういう思考のもとで、その知識を活用したかという点から生じたのです。

 

知識も常にアップデートしないと古くて使い物にならなくなってしまいます。

ダイエットは医学、栄養学、脳科学の専門家がこぞって研究している
最先端の分野です。

 

なぜなら肥満はすでに世界的な大問題となっているからです。

過去30年間に、肥満人口を減らすのに成功した国はひとつもない。
肥満の増加は将来に世界中で健康や医療を脅かす重大な脅威になる
いまや肥満は、もっともありふれているが

もっとも放置されやすい世界的な健康問題だ

世界保健機構(WHO)

WHOは、60億人の世界人口のうち

16億人が過体重で4億人以上が肥満
2015年までに23億人が過体重になり
7億人以上が肥満になる

警告しています。
肥満を解消できる薬を発明したらノーベル賞ものでしょう。

今はデブはまだまだ少数派で肩身の狭い思いをしてるかもしれません。

でも大丈夫。

このままいけば5年後には世の中の半分がデブになります。
そしてゆくゆくはもっと増えてデブが多数派になる世界がもうすぐにやってきます。

 

 

みんな細いから恥ずかしい…

デブだと馬鹿にされる…

 

なんて悩みは解消されます。

 

 

だって

ほとんどがデブなんだから(笑)

 

 

みんなデブなら

私もデブでいい。

 

 

そう思う人がほとんどでしょう。
みんな人と同じが大好きですからね。

 

 

でも私はそうじゃない。みんなとは違う。

それでも痩せたいんだとおっしゃる賢いあなたのような人に
この先を読んでもらいたい。

 

肥満や過体重はご存じの通り、寿命を縮める原因になります。

見た目どうこうのレベルじゃなく
死に直結する症状としてすでに医学界では認識されています。

BMIが23を超えると

心血管疾患

がん

2型糖尿病

変形性関節症

慢性腎臓病

これらの発症のリスクが増加し健康上の危険性が高まります。
2010年に肥満や過体重が原因で死亡した人の数は世界で
340万人と推定されておりそのうちのほとんどが心血管系が原因でした。

340万人。
今のような食事や生活をして歳を取るたびに太っていけば
間違いなくいずれ自分がその340万人の1人になるであろうことは簡単に予測がつきます。

 

これだけ危機的状況にあるにも関わらずダイエット業界は相変わらずです。

1日たった10分でOK!

1ヶ月マイナス10キロ達成!

これを飲むだけ。これを食べるだけ。

 

こんな小手先の手法で体型が変わるのでしょうか。
それで変わるんだったらこの肥満が世界中で増え続けているのはなぜでしょうか。

ダイエットは難しいことなんてありません。
巷のダイエットで成功しないのは

簡単に楽にできるという文句に惹かれて

我慢や努力が余計に要る方法を選択しているだけなのです。

あなたの思考を変えてから行動に移す。

そうすれば何の苦もありません。

考え方が変われば行動は変わります。

当然のことです。
それをダイエットにあてはめればいいだけです。
思考さえ変われば何を食べたって好きなように体型がコントロールできるのです。

 

考え方さえ変われば間違った行動をとることはありえないからです。
あなたが「ありのままの自分」で痩せることはありません。

 

あなたが痩せたいと思うなら、あなた自身が変わることでしか実現できないのです。
あなたに変わる勇気があるならぜひお待ちしています。

 

本気で変わりたいと思っているあなたなら大丈夫でしょうから。

 

メルマガの登録はこちら

 

※予告なく配信停止する場合がありますのでご注意ください。登録直後に初回のメールが届きます。届かない場合はご自身の受信環境を確認し再登録をお願いします。配信がエラーで返ってきた場合は、以後の配信を停止させて頂いております。

 

 

こちらも読んでからどうぞ。

 

 

とりあえず受講生の声を読んでからにする?


 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お知らせ

現在、ドコモなどのキャリアメールで登録された方の未達連絡が相次いでいます。
3大キャリアでは迷惑メールフィルタでURLリンク付きメール拒否設定が
優先されています。
もし届かない場合はそちらの設定を一度ご確認お願いいたします。

アットマークnakayama-m.comのドメイン指定受信を設定頂くと
解決しますので一度お試しください。設定の上、ご自身で再登録願います。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■